トップページ >  育毛剤の選び方 >  よくある頭皮ケアの間違い

よくある頭皮ケアの間違い

頭皮ケアに大切なことは以下のポイントです。
頭皮や毛穴の汚れをしっかり落とし清潔にする
毛乳頭細胞に栄養を届けて元気にする
頭皮を傷めない(ダメージを与えない)
頭皮の潤いを保つ
このとき、よく間違えてしまうことがあります。それは、頭皮や毛穴の汚れを落とそうとして洗浄力の強すぎるシャンプーで洗うことです。

洗浄力の強すぎるシャンプーとは、洗浄成分として石油系界面活性剤を配合しているものです。ドラッグストアなどで売っている安価なものによく配合されています。石油系界面活性剤は強力に皮脂を落とすので、洗った時はスッキリ感がありますが、時間がたつと皮脂が過剰に分泌します。皮脂は頭皮を守る働きがあるので、全部取り除いてしまうと頭皮を守ろうとして過剰分泌されるのです。そして、皮脂の過剰分泌が続くと脱毛の原因となります。

頭皮ケアにおいて頭皮や毛穴をキレイにするというのは、毛穴につまった皮脂汚れや古くなった角質汚れを取り除くことを指します。適度な洗浄力で、頭皮に必要な皮脂(油分)を残すようなシャンプーを使うと良いです。例えば、石鹸シャンプーやアミノ酸シャンプー、馬油シャンプーなどです。

石鹸シャンプーは肌に優しいのですが、洗い上がりの髪がキシキシするので、人によって好みが分かれます。馬油シャンプーやアミノ酸シャンプーが良いかもしれません。こちらのサイトを参照。


育毛剤の選び方

育毛剤